えくぼちっくたいむ


  えくぼやの最新情報             えくぼや                仙台市若林区大和町1-3-6 電話022(284)7536
by sendaiekuboya
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳

<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「ふれあい大感謝祭」に参加します

遠見塚に本社を構える株式会社佐元工務店さんで、11月3日に「第9回ふれあい大感謝祭」が開催されます(10時~16時)。

「地域の皆様とのより良いコミュニケーションをもっと大切に」とのスローガンのもと、毎年行われているこの催し。当日は、建物のプロである佐元工務店さんによる、住宅のお悩み相談コーナーのほか、ゲームコーナー、無料いも煮コーナーなど、楽しいイベントがもりだくさんの一日になっています。

地域のお店や団体の方々のご協力により、焼き鳥屋さんや、お花屋さん、お豆腐屋さんなどなど、バラエティーに富んだお店が多数出店するというから、楽しみですよね!

今回えくぼやも、佐元さんのご厚意によりお祭りに参加させていただくことになりました。
出品するのはアールグレイのパウンドケーキ、ブラウニー、そしてアメリカンクッキーの三品です。お祭り価格で提供させていただいていますので、お近くへお出かけの際はぜひ寄ってみてください。

残念ながら当日もお店をオープンしなくてはならないので、えくぼやスタッフはお祭り気分を直接味わうことはできないのですが、私たちのスイーツを一人でも多くの方に楽しんでいただけたら、と願っております。

*会場は佐元工務店さんの敷地内になります。
  住所/984-0823 仙台市若林区遠見塚2-27-9
[PR]
by sendaiekuboya | 2007-10-30 18:05

ハロウィーン期間限定! Specialかぼちゃタルトを販売いたします

10月31日はハロウィーンですね。
えくぼやでは、26日(金曜日)から30日(火曜日)までの5日間限定で、ハロウィーンのためだけに作る「かぼちゃのタルト」を販売いたします。

こちらは、通常販売しているかぼちゃのタルトをちょっとアレンジ。サクサク生地の上にビターなキャラメルをしき、その上からかぼちゃフィリングを流し込んで焼き上げた、ハロウィーン期間だけのスペシャルバージョンになっています。お値段は1カット350円(税別)。
f0130534_19533275.jpg

えくぼやからのスペシャルtreatをぜひこの機会にお楽しみください!
f0130534_23553536.jpg

[PR]
by sendaiekuboya | 2007-10-23 23:57

秋のシフォン

シフォンケーキに、秋色の新作が仲間入りいたしました。

プリンに使うようなほろ苦いキャラメルを一緒に焼き込んだシフォンは、どこか懐かしいような味わいが魅力です(160円・税別)。
温かなミルクティーとご一緒にどうぞ。

f0130534_1842552.jpg

[PR]
by sendaiekuboya | 2007-10-16 18:42

アップルパイ、始めました

ぱりっと焼きたて、アップルパイがお目見えいたしました。
いよいよ、秋深まるという感じでしょうか。

アップルパイと聞くといつも思い出すのは、「農場の少年」というお話です。これは、「大草原の小さな家」の著者として知られるローラ・インガルス・ワイルダーが、夫・アルマンゾの少年時代を描いたもの。農場の少年として生まれ、元気に、そして一生懸命家族の手伝いをするアルマンゾ少年の食卓には、いつも母さんの愛情あふれる料理がいっぱい。中でも、デザートとしてアップルパイは欠かせないものでした。
何層にも折り重なったパイ生地に、金茶色に光るアツアツのアップルフィリング。。。食べ終わると、指までなめたくなるような、そのおいしそうな表現に、読み終わると「アルマンゾのアップルパイが食べたいなー」と思ったものです。

アメリカの開拓時代に思いを馳せつつ、いただくアップルパイもまた乙なものかもしれません。

温め直して、アイスクリームを添えていただくのもおすすめです。
f0130534_1840121.jpg
f0130534_18403574.jpg


えくぼやのアップルパイ(500円・税別)には、残ったパイ生地を香ばしく焼き、砂糖をかけて仕上げたリーフパイがセットになっています。お茶のお伴に、こちらもお楽しみくださいませ。f0130534_19522449.jpg
[PR]
by sendaiekuboya | 2007-10-16 18:40

紅玉の季節です

紅玉の季節がやってきました。
毎年秋になると、えくぼやでは福島県新地町の丸森果樹園さんからの連絡を「まだかな、まだかな」と待っています。
「紅玉、できたよ」。このお知らせを待っているのです。

先週、やっと待ちに待ったうれしいお知らせがありました。そこでさっそく果樹園へ飛んでいき、いただいてきた紅玉のなんとおいしいこと!
今年の紅玉は形こそちょっと小ぶりとのことでしたが、果肉がカリッと締まり、頬張ると爽やかな酸味が口いっぱいに広がります。
こんなにおいしいりんごを手にいれたら、そう、タルトタタンを作らないわけにはいられません。

フランス製の銅型に、たっぷりのカラメルとバター、そしてお砂糖をしいて、その上から全部で12個の紅玉をスライスして並べます。オーブンで焼いて、ちょっとりんごがしんなりしてきたら、直火にかけてことこと。りんごをキャラメライズさせながら、余分な水分を全て取り除いていきます。しっかりと水分を出し切ったら、タルト生地をのせて再びオーブンへ。

型から出したタルトタタンは、飴色をしたとても美しい色合い。整然と並んだ紅玉たちも、食べてもらえるのを今か今かと待っているよう。

フレッシュな紅玉が手に入るこの時期ならではの味わいをぜひどうぞ(1カット/450円・税別)。

f0130534_18351911.jpg
f0130534_18354630.jpg

[PR]
by sendaiekuboya | 2007-10-16 18:36


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧