えくぼちっくたいむ


  えくぼやの最新情報             えくぼや                仙台市若林区大和町1-3-6 電話022(284)7536
by sendaiekuboya
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳

<   2008年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

春のお菓子 第2弾

ふんわりスポンジで、瑞々しい旬の苺と生クリームをたっぷりと巻いた「いちごロールケーキ(250円・税別)」です。

苺のおいしい季節ならではの春のお菓子をぜひお楽しみください!
f0130534_173239100.jpg

[PR]
by sendaiekuboya | 2008-02-29 17:35

春のお菓子 第一弾 「道明寺」

f0130534_1727820.jpg


朝から気持ちの良い晴天で、寒い寒いと毎日縮こまっていたのが嘘のように暖かな一日。気がつけば、2月も今日で終わり。明日からは3月です。春だなーーと思える機会がどんどん増えていくのかと思うと、うれしくなります。

春のお菓子として、本日より販売している「道明寺(160円・税別)」は、お雛様シーズンのこの時期だけのスペシャルスイーツ。紅こうじを用いてほんのりとピンク色に染まった道明寺と桜の葉の何ともいえない可憐な香りが、春を感じさせてくれる一品です。

一日限定30個で、2月29日(金)から3月4日(火)までの販売となりますので、ご了承くださいませ。
[PR]
by sendaiekuboya | 2008-02-29 17:28

バレンタインデーでしたね

「バレンタインデー=一年に一回、どんなにチョコレートを食べても大丈夫な日」

ではないですけれど、バリエーション豊かなチョコレートが町中に溢れるこの日は、チョコレートを贈る、贈られるを超えて、純粋にチョコレートの世界を堪能してみたくなります。

お店がお休みでしたので、ちょっと街をぷらり。デパートのチョコレート売り場をのぞいてみました。そこにあったのは、心躍るチョコレートの数々! どれも食べてしまうのはもったいないほどの美しさで、思わず目移りしてしまいました。仙台にいながらにして、東京やフランス、ニューヨークで活躍する世界のショコラティエのチョコレートがいただけるのですから、バレンタインデーは、まさにチョコレートの祭典のよう。

ひとつ、ふたつ、選んで、お家でおいしくいただきました。

チョコレートが一気に高級化している、、、とのニュースを拝見しましたが、一年に一回のお楽しみですもの。ちょっと贅沢してみるのも楽しいですよね。

さて、えくぼやにお話は移りますが、1月25日よりお作りしていた「くろしゅう(330円・税別)」の販売を、2月24日をもって終了したいと思います。 2月25日からは、また新たなお菓子をと考えておりますので、どうぞお楽しみになさってくださいませ。
[PR]
by sendaiekuboya | 2008-02-15 15:55

バレンタインデーのプレゼントに

ずらりと並んでいるのは、えくぼやのチョコレートのお菓子たち。

タルト・ショコラ、ブラウニー、くろしゅう、生チョコレート、そしてガトーショコラの5種類です。

バレンタインデーのプレゼント用に詰め合わせセットのご用意もいたしますので、その際はスタッフまでお気軽にお申し付けくださいませ。

f0130534_16182617.jpg

[PR]
by sendaiekuboya | 2008-02-08 16:22

タルト・ショコラ

この時期にぴったりの濃厚なチョコレートのお菓子が、また新しく登場いたしました。
「タルト・ショコラ(350円・税別)」です。

カルマのビターチョコレートとコニャックが織り成す繊細なフィリングと、さくさくっとしたタルトとのコンビネーションが魅力です。

そのままで召し上がるのはもちろんのこと、10秒ほど電子レンジで温めていただくのもおすすめです。とろっと溶け出したチョコレートがまた格別ですよ!

f0130534_15584674.jpg

[PR]
by sendaiekuboya | 2008-02-08 15:57

甘くて苦い。大人のチョコレート

本日紹介するお菓子は、毎年冬の期間限定でお作りしているスイーツ「生チョコレート(1本入り200円・税別)です。

スイス・カルマ社のビターチョコレートにたっぷりの生クリームを加え、ウイスキーで香りをつけ、最後にココアできりりと大人のチョコレートに仕上げました。

口にはこんだ瞬間、上品にとろける濃厚な味わいが特徴です。

プレゼント用にも包装できますので、バレンタインデーにおすすめです。
f0130534_1351485.jpg

[PR]
by sendaiekuboya | 2008-02-05 13:53

パベ・ド・ポム

f0130534_18203194.jpg

朝、えくぼやは一日で最も慌しい時間を送っています。
今の季節なら、ゆず蒸しかすてらを蒸し上げ、洋菓子類を仕上げ、おはぎを作って。焼き菓子類の袋詰めや陳列もしなくてはなりません。
どのお店も同じく、いえもっと忙しい時間をお過ごしのところもあると思いますが、とにかく開店までは目の回るような忙しさです。

10時の時報とともにお店のシャッターを開け、「今日も一日よろしくお願いします」と挨拶をしたら、ほっと一息、私たちのティータイムが始まります。

朝のティータイムには、いつも何か甘いものをいただきます。新作や試作品をミーティングを兼ねていただくこともありますし、そのときの気分で好みのお菓子を選ぶこともあります。

今日紹介する「パベ・ド・ポム(220円・税別)」は、私たちスタッフの間で、お茶のお供に選ぶことの多いスイーツのひとつです。

ウイーンで生まれたこのケーキは、アーモンドパウダーを使った生地に、丁寧に炊き上げた紅玉りんごを細かく刻んだものを混ぜ、あわ立てたメレンゲを合わせてふんわりと焼き上げています。しっとりと柔らかい生地は、朝一番のティータイムにふさわしい優しい味がします。

見た目は大変素朴ですが、紅茶、コーヒー、なんにでも合いますので、ぜひお試しくださいませ。
[PR]
by sendaiekuboya | 2008-02-01 18:31


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧